「ふつうはこうでしょ?!」って言いたいとき

1月往ぬる、2月逃げる、3月去るとはよくいったもので、早3月が目前です。
今年の6分の1が終わりましたね。

春を感じ、新年度近くなって、

このところ私の思考は、

移動や芽生え、といった新生の方へ向いています。

 

思考コントロールして、うまく乗りこなしていきたいものです。

 

 

さて、人間関係のささいな行き違いです。

 

キッチンで男女のカップルが料理を始めます。

仲良い!

 

でもそのうち

  • 冷蔵庫前でお見合い状態とか、
  • 同時に同じ道具に手を伸ばしたとか、
  • 気を利かしたつもりが裏目に…とか、

ありますね(:_;)

 

作業の手順や導線の個人差。

そしてイライラ。

 

特にキッチンが狭かったりすると、

不快感も増すかも。

 

  • 「私はいつもこうするのに順番が違う」
  • 「こうする方が効率いいのに」
  • 「これが僕の/私のやり方なのに」
  • 「ふつうはこうするものでしょ」

という思いがムクムクと湧いてくるって、

ありそうですね。

 

こういう場面はカップルでなくても、

職場で、親子で、夫婦で、

よくありがち。

 

人間関係の小さな諍いです。

 

一つひとつは小さいです。でも、

小さなものでも、積もれば、

かなりしんどいですね。

 

そしていずれ大きく困ったことになりがちです。

 

これは、

自分の方が正しい、

という思い。

 

正しいのにそれに従ってくれない、

という不満

 

 

今まではそのやり方が

良かった、正しかった、とします。

 

でも、

ものには良いも悪いもないのです。

 

正しかったやり方も、

場所や立場が変わればまちがいにもなります。

 

また、

永遠に良いものも悪いものもないのです。

 

あるのは分量の違いだけ。

 

 

 

良い(と思っている)ことも、

過ぎれば悪になります。

 

思考は量でうみ出す現象が変わるのです。

 

 

例えばやさしさ

 

一般にやさしさがあると、

  • 人に親切
  • 人間関係がまろやか
  • 穏やか
  • 人と仲良くできる

といった美点があります。

 

 

でもこれもやり過ぎると

  • 気遣いばかりで疲れる
  • 意見が言えない
  • 自分がない
  • 優柔不断
  • 無責任

といった悩みが出てきます。

 

 

そしてその頃には、

やり過ぎが見てとれるような現象も

起きてきています。

 

つまり、

生きづらさを感じるようになったのなら、

そろそろ今までのやり方を変え時、

ということなのです。

 

人生の進み方を見直す時なのですね。

 

 

できごとは思考と相似形で起きています。

 

読み解きにはコツがいるのですが、まずは、

方向性を見直す時が来ているのだ、

と気づくことが、

その後を変える第一歩になります。

 

大きく変えることになります。

 

 

思考と現象のしくみを知り、

心をコントロールして、

安心して自分の人生を

創っていってくださいね。

 

 

思考の現実化のしくみを知るのは、

フラクタル心理学マスターコースの入門講座です。

 

そして心のチェックをし、

望ましい思考に変換し、

心をコントロールできるようになるのが

マスターコース初級講座です。