インフルエンザも引き寄せています!?

暖かい冬もさすがに大寒を過ぎ、寒さも本番、インフルエンザ流行がニュースの話題になります。

塾の生徒さんもお休みが何人も出たり、用向きで連絡した県外の親戚が罹っていたり、いつになくインフルエンザが身近になってるのを感じる近頃です。

================

流行ってると聞くとどう思う?

================

 

こんな風に身近にインフルエンザや病気が

流行っていると聞くとどう思いますか?

 

何を思うか?(意味づけ)に思考が現れます。

 

先日は、居合わせた人が、

流行っているという話題 ➡ 「怖い」

と言われたのを耳にしました。

 

同じインフルエンザの話題でも例えば、

「いやだ!」

「罹りたくない!」

「自分は罹らない」と思う人もいるでしょう。

 

その中で「怖い」

 

そのココロは、

「自分がなったらどうしよう」

と不安なのでは?

 

インフルエンザが自分のところにやってきたら

不安、

 

つまり、「自分が罹るかもしれない」

と思っているのですね。

 

すると、「自分は罹らない」

と思っている人に比べると、

やっぱり罹りやすいでしょう。

 

もちろん予防は大切です。

 

でも、

自分が罹るかもしれないと思うということは、

罹るのをイメージしていること。

 

インフルエンザになる思考を貯めている

ということです。

 

思考の現実化

インフルエンザを引き寄せてるのかも?

 

 

 

また、こういう人は

世界にはコワイものが多い

思っているのでしょう。

 

 

さらにはこんな心理がありそうです。

 

病気がやってきたら、

人からうつされる

← 人はコワイものを持ってくる、

人が攻撃してくる、とか。

 

また自分はそれに立ち向かえない

← 自分は弱い、無力

 

これだと、

ふだんから自信がなかったり、

消極的な性格ということになるかもしれません。

 

================

でもなぜ弱い自分なのでしょう?

================

 

人生の主役は自分です。

人生のシナリオは自分で書いています。

 

 

弱い自分を選んでいるのなら、

そこにはメリットがありますよね。

 

================

インフルエンザはやっぱり避けたい

================

 

自分はもちろん、子どもさんや家族が罹ったら、

やっぱり大変です。

できるだけ避けたいですよね。

 

仕事を休まないといけない

スケジュールの変更が大変

看病が大変

その間、勉強や仕事が遅れるのが気にかかる

実際に体に苦痛がある

重篤になったら心配

 

 

それからこんなことはありませんか?

私はありました。

 

子ども(当時7歳だったか)が熱が出て

しんどそうなときなのに、

どうしてもの仕事のため家を空け、

半日一人で留守番をさせたことがあります。

 

(現在なら所によっては児童○待の範疇になるのでしょうか)

 

こんなときお母さんが、

かなり後ろ髪引かれる思いだったり、

心配が大きくなって落ち着かないのだとしたら、

苦しいです。

 

子どもの世話をしてやれない自分を責めたり、

手伝ってもらえない不運な環境を嘆いたり、

協力してくれないご主人を責めたりします。

子育てを負担に感じ、

楽しめなくなったりします。

(口にださなくても心の中ででも)

 

これは、

母親というものは子どもの世話きちんとするべき

という信じ込みが強くある、と言えるでしょう。

 

その信じ込みがどこからきているかというと、

お母さん自身が子どもの頃、

母親にもっと世話をして欲しかった

と思っているところからなのです。

 

子どもの頃の思いといってもあなどれません。

世界は信じ込みでできているとも言えるのです。

 

 

自分が母親にもっと世話して欲しかった、

という思考がたくさんあると、

 

子どもを産んだら今度は自分が、

子どもの世話をたくさんしなければならない現実にもなります。

 

相似形ですから。

 

もちろん世話自体は悪いものでもないのですが、

分量が問題です。

 

分量が過ぎれば、

ストレスにも困りごとにもなります。

 

================

対策は?

================

インフルエンザに罹りたくない

子どもも家族も罹って欲しくない、

罹ったとしてもひどくならず、

早く治りたい、と思うのなら、

 

やはり

・病気は無用、要らないと決める

・治って健康なイメージを持つ

・食事や生活習慣を健全にする、それを保つ

といったことになりますね。

 

心理面ではそこにちょっとしたコツを取り入れて実践するのがミソです。

 

 

私は心を学んで6年めですが、

わが家は体が頑強なのもあるのでしょう。

 

5人家族のうち

主人と長男は今までインフルエンザ知らずです。

長女次男も子どもの頃1度だけ。

私も子どもの頃と、13年くらい前の2度だけ。

今ではだれも風邪もめったにひかないです。

 

 

健康であることに感謝して、毎日を大切に生きていきます。

 

皆さまも健康で生き生きと日々をお過ごしくださいね。

 

 

★目標・望みがぐっと近づく

フラクタル未来手帳販売中

2160円税込
コチラ

 

 

月曜朝の思考週間(習慣)

月曜朝8時に

「朝のひと言」をお届けしています。

 

お友達になってください╰(*´︶`*)╯♡

 

 

フラクタル心理学無料体験会

~健康、お金、愛、100倍底上げ~

1/27(日)13:30-15:30

岡山市内

 

 

ビジネス能力UP講座

~子ども脳から大人脳へシフトチェンジ~

1/28(月)10-12:30

岡山市内

6480円

 

================

 

☆フラクタル心理学の各種講座は全国で学べます。

 

☆急ぎ解決したい問題があるときはカウンセリング

がオススメです。