すごい人は悪い人?!

 

おはようございます!

今日は母の日ですね。

このところ街のあちこちで

お花やプレゼントが

売られているのをみかけました。

 

根本を変えることで

問題解決だけでなく

人生を変えるサポートをしています。

フラクタル心理学講師カウンセラー

福川みきです。

 

 

 

世の中にはすごい!と思う人って

たくさんいますよね(^▽^)

 

 

先日テレビをつけたらやっていた

日テレ系『ANOTHER SKY』

ゲストが堀江貴文さんの回

 

最近『多動力』という著書を

買ったところでもあり

思わず観てしまいました。

 

ものすごく多種多岐にわたる

実業家ですよね。

 

司会の今田さんに

「肩書は?」と聞かれてると、

 

「肩書は・・・

ない時代がくるって・・・

言うことです」

 

「言いようがないですよね、

だって『ホリエモン』ですもん」

 

 

「本もめっちゃ出してますよね、

コンセプトとか?」

 

「本のコンセプトも人に考えて

もらった方がいいみたい。

僕の考えだと

先行き過ぎてるんで、理解できない」

 

「さらっとヤなこと言うね~」

 

 

なーんて

会話が交わされてました。

 

ヤなことの中身は、

不遜な、かな。

 

 

でも、「遊びが仕事」

と言われるくらい、

本気で!

他人の楽しむことを

形にして

提供している人だと

思いましたよ。

 

すごいなぁと。

 

つまり、

堀江さんは、

時代の先を行き過ぎてる、

周りが理解できないほど

頭が良過ぎてるんではないかと。

 

5月11日日テレ系『ANOTHER SKY』

 

 

さて、

理解できないものに

出会ったときの反応も

さまざまですね。

 

大別すると2つ。

 

肯定か否定

 

 

否定したいときは、

 

「わかるように言って欲しい」

(相手が不親切)

 

「とてもじゃないけど

理解できない」(不安)

 

「あんなこと誰も理解できる

はずないのに」(見下し)

 

 

なーんて、

言葉にならない思いが

瞬時に脳の中を

駆け巡ってませんか?

 

 

人は

わからないものを悪

(恐怖、不安、未熟など)

としたがるようです。

 

 

これは《差》があるとき。

 

こちらが小さくて、

相手が大きいとき。

 

その《差》に

人はおののくのです。

 

 

幼稚園生だった頃、

お父さんや大人が、

政治や経済の話をするのを

聞いて、

 

「わかんない話をされて

つまんない」

 

「わかんない話なんかやめて

私の話を聞いて」

 

「あんな話するなんて

お父さんたちは〇カ」

 

なんて、

幼い脳で思ったことが

元になってるんですね。

 

(幼児期にインプットしたものも、

修正しないかぎりしっかり

意識には残っています)

 

堀江さんへの評価はさまざまでも、

間違いなく頭のいい、

たくさんの能力でもって

社会で活躍している人、

ですよね。

 

 

否定していたら、

その能力は身に付きませんよね。

 

 

小さい、ままで良いのか、

相手のように大きい、

方に近づきたいのか?

 

 

幼な心を修正すると今まで

悪い人やものだったのが、

まったく違って見えます。

 

世界が変わって見えます。

 

 

いつか、ナマの堀江さんに

会ってみたい…、

と思ったフクカワでした。

 

============

 

ニュースから

深層心理を読み解く、

転ばぬ先の魔法の杖

「フラクタル心理学LDP講座」は、

 

5/23(水)13:30-15:30

5/27(日)10:00-12:00

岡山市内

 

フラクタル心理学無料体験会

5/13(日)10:30-12:30

5/29(火)19:00-21:00

 

能力のある人って生まれつきじゃないの?って思うのは。

 

周りにいませんか?

デキの良い人♡

 

私も数年前、介護と自分の病気で、

専業主婦だったところから、

心を変え、元気になり、

就職した先の上司がそうでした。

 

 

地域のミスコンテストで入賞するような美人で、

人当たりも抜群。

もちろん、カッコいい彼とも仲良し。

実家は離れがあるような邸宅で、

妹さんも海外留学中。

上司からの信頼厚い上に、

さらに上の資格を目指して勉強中。

 

完璧!(^▽^)

 

 

また、あなたの子どもの頃や

今、お子さんの周りにも

デキのいい優秀な人が

いますよね。

 

 

頭が良くって、

スポーツもできて、

性格も良い、

先生からも可愛がられ、

モテる(笑)

 

どうですか?

こんな人いますね。

 

 

すると、心の中では無意識に

自分(自分の子ども)と比べて、

 

あの人はデキが違うのよ。

生まれつき能力があるのよ。

 

って思っちゃいますね。

 

 

あるいは、あなたも

いったんは能力を上げようと

努力はした、

 

でも

なかなかうまくいかない!

 

 

さっきの、就職したばかりの

頃の私がそうでした。

 

早く仕事を覚えたい、

職場になじみたい

できるようになりたい、

 

と日々がんばってるのに、

なかなか仕事が覚えらない、

ミスを繰り返す(泣)

 

なーんて状態で、

そのデキの良い上司が

いつもフォローしてくれました。

 

 

 

実は、

能力がなかなか上がらないのは、

あなたに才能がないからでも、

生まれつき頭が悪いからでも

ありません。

受け身脳のパターンを持っているのです。

 

 

受け身脳の人は、

 

例えば、

有名大卒の人に会ったら

褒めるのも

 

生まれつき頭が良いんですね」

 

 

嫌いな上司や先輩に注意されたら、

 

あなただって出来てないくせに」と

注意を聞き流したり。

 

 

デキの良い人は、

 

有名大卒の人へは

「すごく努力したんですね」

と賞賛し、

 

 

嫌いな上司や先輩に

腹が立つのだったら、

 

「悔しい!絶対に文句

言わせないようになってやる!」

注意された点をそうとします。

 

 

積極的で

能動的な脳です。

 

思考パターンが違うんですね。

 

 

受け身脳の人は、

 

生まれつき能力に差がある、

育った環境が十分でなかったから、

親や先祖がたいしたことない

遺伝だから、

生まれや環境や条件だから

仕方ないと思ってるんです。

 

人のせい=受け身

ですね。

 

それって本当?

 

違いますね。

 

受け身脳は

子ども脳の回路です。

 

 

私たちは誰でもうんと幼い頃、

親に何でもやってもらっていました。

 

完全に受け身です。

 

この子ども脳の回路が

大人になった今でも

動いているんですね。

 

 

だから

能力のある人は、圧倒的に

人のせいが少ないです。

 

自分が努力して

能力をあげてきたから、

 

人が

「すごく努力した」とわかるのです。

 

視野の狭い子どもには

人の努力がわかりません。

見えません。

 

大人の思考パターンだと、

さらに仕事の能力も高くなりますよね。

 

 

 

さて、

大人になったらもう、

子ども脳の回路は

変えられないのでしょうか?

 

 

いえいえ大丈夫です。

 

大人になっても、

自分の脳はしつけられます。

自分で。

 

子ども脳から大人脳へのシフトチェンジ。

 

そんな講座を開催します。

 

『ビジネス能力アップ講座』

(フラクタル心理学

ビジネスマインドコース)

 

講義とワークで、

能力に対する思考を

変化させる方法が身に

つけられます。

 

さらには誰でも気になる

職場でのコミニュケーションに

役立つ、

潜在意識の開発法も

学べるお得な講座です。

 

 

≪こんな方におすすめ≫

 

◇ビジネス初心者

(就職を控えた学生、新人、

再就職を目指す主婦など)

 

◇もっと楽しく仕事をしたい人

 

◇仕事にストレスなく働きたい人

 

◇職場の同僚や上司と良好な

関係を築きたい人

 

◇とにかく一歩目が

わからない人

 

ちょっと興味があれば

こちらも見てみてくださいね。

 

今日もお読みくださりありがとうございました!