受け取り上手になってくださいね

おはようございます!

1日中雨が降った昨日とは

うってかわって明るい朝です。

しばらく気温も不安定でしたね。

 

さて昨日はどんな日でしたか?

 

寝る前に

今日1日を振り返る日が

時々あります。

 

昨日は、

言葉をもらった日だったなぁ

と意識する日でした。

 

言葉=ギフト

 

1つは、

わたくしが関わったことで

その人が大変化するきっかけとなった、

そのお礼の言葉をいただきました。

 

 

とても嬉しいです。

 

やって良かった、

間違いなかったと

やりがいを実感できます。

 

こんな時、

人はとても嬉しい、

満足を感じますよね。

 

 

そしてまた1つは、

厳しくも優しい言葉

もらいました。

 

「あなたって

○○なところがあるよ」

 

 

その後、

どういうところで、

その指摘されたことを

やってるかなぁ、

と考えると、やはり

気づきがありました。

 

そしてちよっと飛躍しますが、

おかげで、わたくしがこの

フラクタル心理学を

仕事としてやっている原点に

返れました。

 

 

そうだった。

選べない人を選べるようにする、

改善したい何かがあるのに、

迷って動けない人の

応援をする、のでした。

 

 

同じ言葉でも受け取り方で違う

と言われますよね。

 

わたくしも以前だったら、

嬉しい言葉はいざ知らず、

厳しい言葉を聞いたら、

なかなかありがたいとは

思えませんでした。

 

厳しい言葉は、

愛ある優しい言葉だと、

わかりませんでした。

 

ショックを受けたり、

ムッとしたり、

相手の言い方に文句をつけたり、

言い訳したり、

果ては毒づいたり。

 

口に出さなくても、

思っただけでも同じです。

 

相手の言葉を素直に聞ければ、

自分が良くなるし、

人間関係のトラブルもありませんよね。

 

同じ言葉でも

こちらの受け取り方が原因。

 

受け取り下手ですね。

 

 

それは、視野のせまさから。

 

相手の言葉の

ほんとうの意味や、

言葉の外に見え隠れする

意図が見えないから。

 

相手が正しいとしたら、

と考えられない。

 

それは被害者意識からくるもの。

 

そういう思考パターンが

あります。

持ってしまった原因があります。

 

どうせ私は責められる、

いつも認めてもらえない、

わかってもらえない、

などと

瞬時に反応してしまうのですね。

 

 

また、

被害者意識は

とても傷つきやすい一面が

あります。

 

そして傷つきやすいのを

繊細で美しいものと

美化していると、

 

これは厳しさを避け、

成長を妨げてしまいます。

 

 

カウンセリングの現場でも、

被害者意識の強さを見定め、

言葉を選びます。

 

こういう人は、

日常では人に気を遣わせます。

 

わたくしも、

人にムダに気を遣わせる

とてもめんどうなヤツだったなぁと(^_^;)

 

さらにまた

気づかないところがツライ…。

 

 

 

被害者意識、

減らせば減らすほど、

人生は幸せ感が

増えていきます。

 

どんどん成長でき、

自分が大好きに

なっていきます。

 

あなたも受け取り上手になって

自分が大好きな幸福感を

増やしてくださいね♪

 

被害者意識を知りたい、

とりたい、という方は、

どうぞいらしてくださいね♪

 

============

 

ニュースから

深層心理を読み解く

転ばぬ先の魔法の杖

「フラクタル心理学LDP講座」

 

5/23(水)13:30-15:30

5/27(日)10:00-12:00

岡山市内

両日同じ内容です。

 

「一番嬉しかった!」この感情は豊かです

 

早い桜の満開も過ぎ、

今はハナミズキが満開!

日差しを浴びる新緑とで

目に鮮やかな季節ですね。

 

 

「感情をコントロールしたい」

というのは多くの人の

望むところです。

 

 

怒りや不安、心配、疑い、

ネガティブな感情を嫌がり、

つい感情的になる自分を

嫌う人もいますね。

 

するとやはり

感情を抑えようとします。

 

 

でも感情は湧くもの。

 

抑えているつもりでも

抑えられないし、

 

抑えようとすると、

コントロールできない自分を

責めることになります。

 

 

こういうときって多くは、

 

感情=怒り

 

のことを言ってるから、

 

「何ごとにも動じない自分になりたい」

とかいう思いが勘違いして、

平穏こそ一番良いって、思って

しまいます。

 

そう、勘違い。

 

平穏=最良ではない

でしょう?

 

 

感情(怒り)があるから困る

のではなく、

 

湧いた感情(怒り)に

我を失ったり、

何も手につかなくなったり、

振り回されるのに

困っているだけですね。

 

 

喜怒哀楽

といいます。

 

怒りも悲しみも

感じる心があるからこそ、反対に

楽しみも喜びも

感じられるのです。

 

 

わが子がうんと幼い頃、

「おかーさん、今までで

一番嬉しかったことって何?

 

とピュアな質問を

投げてくれたのを思い出します。

 

 

一番嬉しかったこと、

感動。

 

これは一番味わいたい感情です。

 

感動を

大切な人たちと共感し、

分かち合えるから、

人と自分自身も大切と

感じられるようになりますね。

 

それは豊かですね。

 

 

実はネガティブな感情が湧くのも、

思考パターンから。

 

 

あなたが、

イラッ、ムカッ、

ってするときって

どんな時でしょう?

 

 

そしてその思考パターンの多くは、

幼いころにつくったもの。

 

「えっ!なんで私が?!」

「違うのに!!」

「わかってくれない!」

「ひどい!勝手だ!」

 

 

こんな感情を幼いころ、

持ちませんでしたか?

 

よく考えれば、こんな感情を

持つようなことが、今でも、

あちこちで起きていませんか?

 

 

あなたの思考のタネが、

フラクタル(相似形)で、

あちこちに現れているのです。

 

この相似形を読み解き、

新しいものと書き換えると、

感情に流されるのも解消されますね。

 

 

パーソナルなことや

急ぎでしたら、

カウンセリングで、

 

自分できちんと理解して

扱えるようになりたいのでしたら、

フラクタル心理学マスターコースで、

学べます。

 

まずは入門から始めてくださいね。

 

 

さて、あなたも、

今まで生きてきて、

たくさん感動を味わってきましたね。

 

その味わいは

覚えておいてくださいね。

 

ポジティブなその感情を

思い出すことが、

これからももっと増やすことにもなりますから。

 

今日もお読みくださりありがとうございました!

どんなことばを採用しますか?そのことばが現実化します。

 

 

3/31は

きょうだいのようにして育った

従姉の誕生日でした。

忙しい大人同士、

ふだんはなかなか会ったり、

連絡もとらないけれど、

お祝いのメッセージでのやりとりができました。

還暦の誕生日でもあり、

聞かせてくれる

いろいろな思いや決意のことばには、

こちらもたくさん

感じるものがあります。

 

 

従姉の誕生日の年度末最終日3/31には、

例年、

思い出すことばがあります。

次男の恩師がかけてくれた励ましのことばです。

それは、

 

 

「一流になれ!」

 

{F97A1888-0CB4-4251-B4AF-AF7738B6E447}

【一流】

いち‐りゅう〔‐リウ〕

  1. その分野での第一等の地位。第一級。「一流の評論家」「一流ホテル」
  2.  他とは違う独特の流儀。「彼一流の論法」
  3.  芸道などの一つの流派。
  4.  (「一旒」とも書く)旗やのぼりの1本。ひとながれ。「―の信号旗を掲ぐ」〈竜渓・浮城物語〉
  5.  同族。血統を同じくするもの。「この―のみ絶えずして十余代に及べり」〈神皇正統記・村上〉。

(デジタル大辞典)

 

 

第一級というゴール、

大きな結果を目指して、

コツコツ一つのことを

集中して積み上げる。

 

 

自分に責任をもち、

「自分はこれをやった!やりきった!」

と胸を張って言える人になって欲しい、

との恩師の言葉だったと思います。

 

 

それはわが子だけでなく、

親である私自身へのことばにも

思っています。

 

 

もちろん、現状がそうだとは言えません。

 

でも、

憧れや夢を素直に持ち、

それを掲げて進みたい。

 

 

事の大小にとらわれず、

小さなことでいい。

一流になりたい。

 

 

そうすると、

この日の午前中に講演を伺った方は、

まさしくその分野での“一流”を目指し、

精力的に活動されている方でした。

 

 

思考が現実化します。

 

どんな思考をしますか?

 

(「どんな」と管理できるのは
あくまで自覚できる
顕在意識レベルですが、
ココにも重要な役割があります)

 

思考はことばを使ってする。

 

では、

どんなことばを使う?

どんなことばを採用する?

 

あなたが今この瞬間採用したことばが

その通りの現実になっていきます。

 

新年度が始まりました。

 

入社式、入学式のところもあるでしょう。

 

心機一転、

新スタートを切るにはぴったりの週初め。

 

少し時間をとって、

前年度を振り返り、

あらためて新年度の目標を設定し直すのはどうでしょう?

 

良い1日をお過ごしください。

 

ほんの少しの差がその先を分けるのです

 

仕事で必要なものを買いに立ち寄ったスーパーで見つけたと、

夫が買い求め、調理してくれました。

{ED73B52E-A3C6-4B23-BD2D-0E25FD203252}
(いかなごの釜揚げ)

 

 

春の到来ですね。

 

あいにくの天気ですが、

わが家はやはりお墓参りに行ってきます。

 

 

 

今日は春分の日

 

冬からだんだんに昼が長くなり、

昼と夜が同じ長さになる日と言われます。

 

 

昼と夜

光と影

春と秋

陰と陽

奇数と偶数

男と女

 

 

対になった2つのもの

 

 

中国の古い思想から

陰陽という考え方だそうですね

 

 

 

そして一見

相対する2つに見えても、

 

 

そこにはほんの少しの差、

ズレがある

 

 

春分でも、

少しだけ昼の方が長い。

 

奇数と偶数の間には1の差がある。

 

 

男と女では染色体の違いが1本

 

そこにあるのはほんのわずかの差

 

 

 

もともとは、わずかな差でも

現れているものは大きく違う

 

 

 

わずかな差がその先をわけている

 

 

 

 

そして春分の日は

「自然をたたえ、生物をいつくしむ」

国民の祝日

 

 

長い間冬眠していた動物たちが

動き始め、

植物も芽吹き始める。

 

 

人々もやる気に満ち溢れてくる時期。

 

 

「将来のための準備をする日」

でもあるそう。

 

 

 

進学、就職、引っ越しなどで、

新しい出会いの前の別れは

心にこみ上げるものもあるけれど、

 

確実に訪れる明るい春を祝福しよう。

 

将来のために努力をすると決めよう。

 

 

良い人生を送るには必須のこと

自分を改造する

ってことばを拾いました。

 

人を改造ってどうでしょう?

 

そんな大げさな!

かも知れませんね(笑)

 

改造

(デジタル大辞泉)

 

かい‐ぞう〔‐ザウ〕【改造】[名](スル)

建物・機械・組織などをつくり直すこと。

別の用途にかなうようにつくりかえること。

「応接間を改造する」「内閣改造」

 

 

改造車に

改造ペン

改造銃に

改造人間

 

子どものころみたヒーローは

憧れでしたね。

 

 

これって、今より良くなりたい、

もっと違う、

今より良い自分になりたい

いう向上心の表れでは

ないでしょうか?

 

それから、

『別の用途に合うように』とあるので、

用途、

目的が変わらなければ

改造の必要はない、

ということになりますね。

 

 

人はどうでしょう?

 

あなたは自分のことを、

改造は必要ないと思いますか?

 

このままの自分で

じゅうぶんだと思いますか?

 

 

だったらそれは、

 

今持っている目的通り進んでいるか、

 

反対に目的を持っていないか、

 

でしょう。

 

目的がないまま

迷走しているかもしれないし、

 

目的にかなっている、と思っているのが

勘違いで、

あらぬ方向に向かってるかもしれません。

 

 

ちょっとチェックしてみましょう。

 

人生の目的通り進んでいれば、

 

望みは次々と叶ってきている

はずですから。スイスイと。

 

 

もし自分の周りに

自分の意に沿わないことがあるのなら、

人生の目的通り進んでいないということ。

 

それは

自分を改造する時期ということ。

 

 

 

もう一度自分に問いましょう。

私は改造する必要はない?

 

 

人生の中で自分を変える時期が来たとき、

大きく転換の時期が来たとき、

悩みが生じます。

 

自分を改造したいと思う方は、

効率よく人生を変える方法

お伝えしますね。

 

 

それには、

自分を深く知ることが必須です。

ごまかしなしで。

 

 

私は改造する必要はない?

 

今のままで十分幸せ?

 

もしほんの少しでも、

これくらいでいいとか、

ほどほどで、と思うのなら、

 

とってももったいない!

 

人や環境のせいにしないで、

もっと変われます。

 

そのためのツールがあります。

 

私もそうでした。

 

変わりたいあなたを力強くサポートします。