ほんの少しの差がその先を分けるのです

 

仕事で必要なものを買いに立ち寄ったスーパーで見つけたと、

夫が買い求め、調理してくれました。

{ED73B52E-A3C6-4B23-BD2D-0E25FD203252}
(いかなごの釜揚げ)

 

 

春の到来ですね。

 

あいにくの天気ですが、

わが家はやはりお墓参りに行ってきます。

 

 

 

今日は春分の日

 

冬からだんだんに昼が長くなり、

昼と夜が同じ長さになる日と言われます。

 

 

昼と夜

光と影

春と秋

陰と陽

奇数と偶数

男と女

 

 

対になった2つのもの

 

 

中国の古い思想から

陰陽という考え方だそうですね

 

 

 

そして一見

相対する2つに見えても、

 

 

そこにはほんの少しの差、

ズレがある

 

 

春分でも、

少しだけ昼の方が長い。

 

奇数と偶数の間には1の差がある。

 

 

男と女では染色体の違いが1本

 

そこにあるのはほんのわずかの差

 

 

 

もともとは、わずかな差でも

現れているものは大きく違う

 

 

 

わずかな差がその先をわけている

 

 

 

 

そして春分の日は

「自然をたたえ、生物をいつくしむ」

国民の祝日

 

 

長い間冬眠していた動物たちが

動き始め、

植物も芽吹き始める。

 

 

人々もやる気に満ち溢れてくる時期。

 

 

「将来のための準備をする日」

でもあるそう。

 

 

 

進学、就職、引っ越しなどで、

新しい出会いの前の別れは

心にこみ上げるものもあるけれど、

 

確実に訪れる明るい春を祝福しよう。

 

将来のために努力をすると決めよう。